アルツハイマー病の予防は可能か

アルツハイマー病になる危険性が高いのは、やはり年を重ねると言うことです。年を重ねて高齢になればなるほど危険因子が増大するのです。また、血液中にあるアポリポタンパクという物質が、アルツハイマー病の早期発症にリスクを高める原因と考えられています。

アルツハイマー病の予防は可能か(つづき)

アルツハイマー病の危険因子の中には生活の中で工夫して避けられる事ができるものと、個人の力では避けることが出来ないものとがあるのです。

アルツハイマー病を予防することは出来るのでしょうか。こうすれば絶対にアルツハイマー病にかからないという有益な方法は残念ながらありません。しかし、アルツハイマー病は、高血圧、糖尿病、高脂血症などの症状がある場合、発症が2倍になると考えられています。

つまり生活習慣病にかからないようにし、生活習慣を改善することで、予防することが出来るのです。バランスの良い食事を心がけ、適度な運動をし、十分な睡眠をとり、ストレスを感じることなく、心地よい生活を送ることが大切なのです。

食生活のあり方は、健康を大きく左右することは多くの人、書籍などにによって紹介されています。食生活がびょ器を予防すること、健康的な生活を送れる重要な鍵を握っていることも知っている人が多いことでしょう。

アルツハイマー病にはたくさん魚を食べることで、予防することが出来るようです魚の中でも特に青魚が言いようです。青魚の中には、不飽和脂肪酸がいいようです。また、DHAの摂取量が多いと、アルツハイマー病の発症のリスクは軽減させるようです。

以前の日本人ならば、魚介類が主なタンパク源でした。近年、日本人の食事は欧米化してきています。「魚よりも肉の方が好き」という人も多いのではないでしょうか。若い世代では特にこの傾向が強句あります。そのため、肥満や脳血管障害など、起こりやすくなっています。昔ながらの食事が健康のためには、一番いいのです。

アルツハイマー病イメージ

人気のゲームがアルツハイマー病を防ぐ

アルツハイマー病は脳が萎縮して起こる進行性の疾患です。しかし、脳にアルツハイマーの症状が出ていても発病しない人がいるのです。つまり、極度の物忘れなどの認知症の症状が現れてこないのです。

認知機能の低下は、脳の働きを調整している場所が低下することで、引き起こされることが分かっています。つまりその部分を鍛え、活性化させれば、発病したとしてもその進行を抑えることが出来ますし、発病を予防することが出来るのです。

最近、子どもから大人まではまっているゲームに任天堂から販売されている「脳トレ」があります。このゲームは脳全体を刺激し、脳の老化防止に役立つと考えられているのです。

「脳トレ」は、簡単な計算問題を繰り返し行ったり、漢字の書き取りを行ったりします。また、文章を音読させたり、図形を暗記させたりと、簡単な問題ばかりです。

難しい問題を解いたほうが脳が活性化されるのではないかと考えるかもしれませんね。しかし、この単純な問題を繰り返し行っているときの方が、脳全体が活性化していることが分かってきたのです。

「脳トレ」は楽しみながら、脳を活性化する事ができるので、多くの人から指示されているのでしょう。ただし、同じ問題を繰り返し行っていたのでは、脳は活性化されにくくなります。

同じパターンだと脳に対する刺激も画一化してしまうのです。慣れてくれば異なるゲームを行えば、より活性化させることが可能なのです。

ゲームをすることは苦手だと考えている人もいることでしょう。そのような人には読書が最適です。読書でも実用書や学術書等よりも、ミステリー小説や恋愛小説のほうが脳を刺激するので、脳のためには良いようです。

さあ、明日から脳を活性化するために、何か新しいことにチャレンジしてみてはいかがでしょうか。


Copyright アルツハイマー病の基礎知識 All rights reserved.

privacy